【日清】麺職人 うまみとんこつ レビュー

明星の「麺づくり」に対して、日清の「麺職人」。

どちらも麺に力を入れての商品です。

どちらも「ノンフライ麺」を使っています。

早速食べてみて、レビューします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

商品概要

麺職人うまみとんこつの商品についてお知らせします。

 

[colored_box color="green" corner="r"]

品名:うまみとんこつ

メーカー:日清

ブランド:麺職人

スポンサーリンク

種類:ラーメン

ベース・味:とんこつ

待ち時間:4分

購入価格:118円税込み

[/colored_box]

スポンサーリンク

 

麺職人 うまみとんこつのラベル

 

特徴としては、「ノンフライ麺」が使われています。

ノンフライ麺ってもちもちしていておいしいんですよね^^

 

東洋水産の麺づくりは、熱湯で5分かけて戻すのですが、日清麺職人は4分で1分短いです。

実際は5分くらい待った方がおいしく食べられると思います。

 

楽天市場でも取り扱いがあります。

 

栄養成分表

麺職人うまみとんこつの栄養成分をチェックします。

麺職人 うまみとんこつの栄養素

 

[colored_box color="green" corner="r"]

(1食(81g)あたり)304kcal

たんぱく質8.8g

脂質6.0g

炭水化物53.7g

ナトリウム2.0g(めん・かやく0.7g、スープ1.3g)

ビタミンB1 0.21mg

ビタミンB2 0.27mg

スポンサーリンク

カルシウム176mg

食塩相当量5.1g

[/colored_box]

 

カロリーは304kcal。

控えめです。

塩分5.1gは比較的多めです。

 

東洋水産の麺づくりは、味の濃い担々麺でも2.3gだったので、日清は多めだと言えます。

 

 

レビュー

それぞれの場所に分けてレビューします。

 

小袋について

小袋は、もう一つあって、合計3つです。

かやく、粉末スープ、調味オイル、です。

なぜか粉末スープだけ撮り逃しました^^;

 

かやくはネギが多めでいいですね!

チャーシューもうっすいですが、入っています。

麺職人 うまみとんこつの小袋

 

麺のレビュー

麺は4分経過した時点で粉スープを入れる前に、先にほぐした方が良いでしょう。

 

作り方を見ないで、先に粉スープを入れて、そのあとお湯を注ぐと麺が十分戻らずこんな感じになります。

結局麺をほぐしてから食べるので、作り方をよく見て作った方がカップ麺は美味しくできます。

 

麺はもちもちのノンフライ麺です。

少し粉っぽいかな?

麺職人 うまみとんこつのスープ

 

スープのレビュー

スープは、ああとんこつだなぁと言う感じ。

悪くないです。

でも普通。

九州の人間からしたら何か一味足りない感じのあっさりした豚骨です。

 

まとめ

カップ麺の王者、日清が麺に特化したラーメンと言うことで実に楽しみにしていたのですが、少し残念な感じ。

麺が少し粉っぽく感じたのは、4分で戻すからか、先に粉スープを入れて作ってしまったからか・・・

 

スープはあっさりでもう少しどっしりしていてもいいかな、と思いました。

あっさりしたものが食べたいときは、塩ラーメンや鶏ガララーメンを食べますし。

麺職人 うまみとんこつのスープ

 

賞味期限の記載位置

麺職人うまみとんこつの賞味期限の記載位置はこちら。
カップ麺の賞味期限は業界で6か月と統一されています。

麺職人 うまみとんこつの賞味期限

 

スポンサーリンク