【カップ麺豆知識】のび太カップ麺10個

2017年12月6日

ドラえもんのお話の一つです。

「ボクを止めるのび太」と言うお話。

親せきのおじさんから、二千円ものおこづかいをもらったのび太は、贅沢にもカップ麺10個を買って一気に食べることにしました。

結局食べきれないのですが、カップ麺が無駄になるので、タイムマシンで自分を止めに行くと言うお話です。

ドラえもんが止めるのを聞かずのび太は1時間前にタイムスリップします。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

このページでは、カップ麺についての豆知識をお知らせします。

ネットで「のび太カップ麺10個」と言われている、「ボクを止めるのび太」と言う回についても、豆知識の一つとしてお知らせしました。

 

ノンフライ麺はまずお湯だけで戻す

カップ麺には、ノンフライ麺と言うものがあります。

マルちゃん麺づくり 合わせ味噌の麺

スポンサーリンク

 

インスタントなのですが、見た目、カッピカピでいかにも水分が無いようになっています。

これはお湯で戻すのにも高温で5分程度の時間が必要です。

 

液体スープや粉スープを先に入れると十分麺が戻らず美味しく食べられないことがあります。

マルちゃん麺づくり 合わせ味噌の小袋

スポンサーリンク

美味しく食べるためには、まず熱湯だけで5分戻します。

スポンサーリンク

麺をほぐしてみて、不十分ならばさらに時間をおいてから液体スープなどを入れた方がおいしく食べられます。

 

 

カップ麺の賞味期限は6か月間

賞味期限とは、「おいしく食べられる期間」のこと。

マルちゃん麺づくり 合わせ味噌の賞味期限

色々な条件はあるのですが、カップに記載のある保存方法で保存した時に安心して、おいしく食べられると言う期間をメーカーが示したものです。

しかも、マージンがあり、限界ギリギリよりも70%~80%程度に抑えていてるのです。

範囲内で一番悪い条件でも記載された期間は美味しく食べられるようにです。

 

実は少し前までカップ麺の賞味期限は5か月間でした。

東日本大震災の時、全国から被災地に物資が送られました。

カップ麺はその中でも多かったはずです。

 

ところが、「賞味期限=食べられる期限」と言う誤解から、賞味期限が1日でも過ぎたものが捨てられました。

実際は、賞味期限から1.3倍~1.5倍は食べられるのにです。

この悲しい経験から、日清などが中心になって、カップ麺の業界では賞味期限が1か月増やされ、6か月間となったのです。

「賞味期限=食べられる期限」ではない、と言う正しい知識を広めるとともに、元々十分マージンを取っていたカップ麺の賞味期限を1か月増やして、有事の際に捨てられるのを減らそうと言う考えです。

だから、生タイプでもカップ麺は6か月間の賞味期限が設定されているのです。

スポンサーリンク