ランチでカップ麺を食べるときにお腹いっぱいにするには

カップ麺だけでランチすると少し物足りない気がしませんか?

でも、合わせるとなるとラーメンの場合は少し難しい。

ご飯と合わせると炭水化物が重なってしまう・・・

筆者の場合の答えをお知らせします。

 

スポンサーリンク


 

選ぶカップ麺は

ランチに食べるとしたら、当然好きなカップ麺を選ぶでしょう。

 

安いものだと100円前後。

コンビニなどにあるちょっと高いブランドカップ麺は200円~300円。

スーパーなどのPB商品は60円~100円。

 

価格帯も色々です。

どこでどんなカップ麺を食べるかも重要な選択肢です。

 

たくさん食べている筆者が選んだカップ麺はこれです。

好きなカップ麺

「東洋水産 マルちゃん麺づくり 合わせみそ」です。

 

ラーメン自体のレビューはこちらです。

 

開けると小袋がたくさんありますね。

カップ麺の小袋

 

たくさん入っていると、お得に感じるけれど、袋を開ける手間を考えると損した気分にも・・・

意外とたくさん入っている小袋

 

このカップ麺を選んだ理由

さて、このカップ麺を選んだ理由は何かと言えば、「ノンフライ麺」だからです。

カップ麺のノンフライめん

 

ノンフライめんはちょっと作り方が違うので、誤解をされることもある麺です。

でも、ちゃんとした作り方だと美味しいし、麺のコシがすごくいい具合です。

カップ麺とノンフライめん

 

注意点としては、先にお湯を注ぐときは「麺だけ」です。

普通は、スープも一緒に入れてからお湯を注ぐと思いますが、麺だけなのが違います。

(この商品の場合は、「かやく」も先に入れておくようになっています。)

 

スープまで入れてしまうと麺が十分戻らないんですね。

お湯の温度と量と、注意点があるのが誤解を生む原因かもしれません。

 

かやくってこれです。

フリーズフライなんですね。

カップ麺とかやく

フリーズドライは、お湯をかけるだけで生っぽい食感の野菜などがよみがえります。

 

フリーズドライとカップ麺

 

お湯を注ぐだけで、このくらいほぐれます。

カップ麺とフリーズドライ

 

麺のほぐれ具合

戻し時間は、5分です。

ノンフライ麺のものは5分のものが多いですね。

でも、今回は5分経ってもこんな感じでした。

固まっている麺

 

麺がまだカタマッテヤガル・・・

 

今回はお湯の温度が少し低かったかな?(汗

あと2分待ってみます。

良い具合にほぐれたかも。

ノンフライ麺のカップ麺

 

スープを入れるタイミング

麺が十分ほぐれたのを確認してからスープを入れます。

この「確認」が重要かもしれません。

 

麺づくりは、スープが2種類もあります。

まずは、みそ。

味噌ラーメン

 

粉スープもある

スープを投入

 

スープが2種類もあるとなんだかたっぷりです。

ラーメンのスープ

 

十分まぜるとこんな感じになります。

ノンフライめんのカップ麺

 

麺もちょうどいい具合です。

さて、実食です。

カップ麺実食

 

合わせる付け合わせは

ラーメンに合わせるものを考えると、なにか。

今回合わせたのはこれです。

レンチンご飯をカップ麺に合わせる

 

冒頭で、炭水化物が重なるとか言っていたのに・・・

まさかのひねりなし。

 

でも、ラーメンとご飯って合うんです。

ちょっと違うのは、ラーメンを食べながらご飯を食べるのではありません。

 

ラーメン雑炊

ラーメンの残りスープだけを使った、「ラーメン雑炊」です。

ラーメン雑炊

 

麺づくり合わせみそは具があるのですが、麺を食べるとどうしても具が残ります。

具を何とか食べようと思ったら、スープを何度もこそぐみたいになってスマートじゃありませんよね。

ラーメンのスープ

 

それがラーメン雑炊ならば労せず具が食べられます。

スープを全部飲み干してしまうという弱点もありますが・・・

ラーメン食いはそんなこと気にしないで行こう。

 

洗い物はできてしまうけれど、ラーメン雑炊は、スプーンで食べたいですね。

スプーン登場

 

それぞれを食べるちょうどいいタイミングとは

まずは、ラーメンを作ります。

0:00

包装を開けたりする間にお湯を沸かしておく必要があります。

カップ麺の小袋

 

0:02

やかんで沸かしたとしても、お湯は2分くらいでわきます。

ポットを使っている場合は、既にお湯が沸かしてあるのかも。

そのお湯を注ぎます。

カップ麺とフリーズドライ

 

0:06

お湯を注いで麺が戻るのを待つ間の5分間。

その5分が終わる1分前。

レンチンご飯を取り出して、少しだけふたを開けます。

レンチンご飯のふた

 

電子レンジにイン!

ご飯をレンジに入れる

 

時間は2分。

2分もたつと熱々で持てないくらいに熱くなりますが・・・

レンジに入れる

 

0:07

5分も待つとラーメンが完成です。

カップ麺実食

スープを入れたり、混ぜたりしていると、食べ始めると1分くらい経過するかもしれませんね。

 

0:09

ラーメンもおおかた食べ終わりました。

ラーメンのスープ

とっくにチンと言ったご飯ですが、ここにきて登場です。

レンチンのご飯

 

少しづつご飯を投入していきます!

ご飯を投入

 

1食分200gはどんぶりに入らないかもと思いがちですが、全部入りますね!

そして、少し待ってご飯をふやかします。

ラーメン雑炊

 

入れてすぐ食べると、ご飯はご飯です。

「ラーメンスープに浸かったご飯」です。

 

ところが、少し待つとちゃんと「ラーメン雑炊」になるんです!

良い具合にご飯がスープを吸います。

 

そして、レンジから取り出したレンチンご飯は、熱々すぎて食べられないほどです。

そのご飯を冷め始めたラーメンの残りスープに入れることで、熱が帰ってくるんです!

 

ラーメン+ラーメン雑炊にハマったら、毎回ご飯を準備するようになってしまいます!

 

スポンサーリンク


コメントを残す